百人会議ご紹介

百人会議 〜あらゆる会議をインタラクティブに〜

多くの学会や会議では、壇上のプレゼンターと聴衆との2極構造となっています。情報は一方向的に壇上からフロアに流れるわけですが、その最中に聴衆は多くの質問や意見を思いつきます。しかし、それらが会議に活かされることは通常ありません。何気ない疑問や質問にこそ真実が眠っていることは良く経験することです。しかしこういった種を拾う事は従来のミーティングでは大変困難でした。

演者によるプレゼンテーションの多くは、プレゼンターによりデジタル文献の一部をスライドに貼り付けたもの(D⇒A)で構成されています。聴衆はそれらを視覚的(アナログ)に認識し、手元にメモを取り、そのメモを元に文献をgoogle検索する(A⇒D)という無駄なDA-AD変換が行われています。最初からデジタルで情報をシェアすればその無駄な工数は省けるはずです。

百人会議は上記のような問題を解決して、日本の会議をよりプロダクティブで楽しめるものに変え、日本社会全体に資するために開発されました。

百人会議の特長
百人会議 画面紹介
百人会議 使用シーン一覧
国際学会対応
ご利用プラン
使用実績

会社紹介